凸版印刷と東洋製罐は、リチウムイオン二次電池用の外装材事業での提携に合意した。

両社はこの合意にもとづき、共同出資による新会社の設立も視野に入れながら、協議を行う。

ハイブリッドカーや電気自動車の普及に伴って需要拡大が見込まれるリチウムイオン二次電池は、外装材でも用途展開や性能の向上が求められており、高い需要が見込まれる。

両社は、リチウムイオン二次電池外装材としてソフトパック(アルミラミネートフィルム)、ハードパック(金属缶タイプ)、ソフトパック用メタル保護ケースまで、さまざまな種類の外装材を扱う世界初の専門メーカーを目指す。

凸版印刷と東洋製罐は、リチウムイオン二次電池の外装材の開発と製造技術の融合を図ることで、生産性と事業の効率性を高め、市場ニーズに合った製品を提供していく考え。