ヴァンテージ GT3

英国アストンマーチンのモータースポーツ部門、アストンマーチンレーシングは13日、『V12ヴァンテージ』をベースにしたレース専用車、『ヴァンテージGT3』の概要を明らかにした。

同車は、2006年からルマンなどで活躍してきた『DBRS9』の後継モデル。市販のV12ヴァンテージをベースに、FIA(国際自動車連盟)のGT3レギュレーションを満たす変更が施された。

目を引くのは、巨大なリアウイングや地面すれすれに装着されたフロントリップスポイラー。ワイドタイヤを収めるために、前後フェンダーも拡幅され、迫力がアップしている。

エンジンは、6.0リットルV型12気筒ガソリンユニットをレース用にチューニング。最大出力は600ps、最大トルクは71.4kgmが目標だ。市販車の517ps、58.1kgmから大幅に強化される。トランスミッションは、パドルシフトのセミAT。車両重量は1250kgに抑えられた。

アストンマーチンは、同車の第1号車を今年7月に完成させ、本格的なテストに移る予定。その後、10台が生産され、2012年シーズンにデビューを果たす計画だ。