矢野経済研究所は、国内の新卒採用支援ビジネス市場の調査を実施した。

新卒採用支援市場は、ウェブ媒体、紙媒体、イベント・セミナー、採用オペレーション、広告制作、その他サポートツールの6分野を対象とするが、今回の調査ではウェブ媒体、イベント・セミナーの分野を取り上げて分析した。

今回の調査は1〜3月に実施したもので、3月11日に発生した東日本大震災による影響は考慮していない。

調査結果によると、2008年9月の世界的な金融危機による景気後退で、各企業の新卒採用の需要が大幅に減退した影響から2010年度の新卒採用ウェブ媒体の市場は177億円、前年度比23.7%減に縮小する見込み。2011年度に入ってからも縮小傾向は続き、今期は同19.8%減の142億円と予測する。

また、新卒採用イベント・セミナー市場も縮小の一途をたどり、2010年度は133億円、同23.6%減と縮小する見込み。2011年度も引き続き縮小傾向が続くと見られ、同19.5%減の107億円を予測する。

今回の調査で考慮していない東日本大震災の影響を受け、既に合同企業説明自体の開催が続々とキャンセルになっており、実際の市場はより縮小する可能性が大きいとしている。