ハミルトン(2007年)

マクラーレンのルイス・ハミルトンがF1マレーシアGPで新たな金字塔を打ち立てた。その記録とは、同じチームでの参戦数が歴代で最多の73戦になったことによるもの。これまでの記録保持者はダブルチャンピオンのジム・クラークが持つチーム・ロータスでの72戦。ハミルトンは2007年にF1デビューして以来マクラーレン一筋である。

「とても光栄だよ。ジム・クラークのレースを実際に見たことはないけれど、彼は偉大なドライバーの一人だし、ロータスのドライバーとして人々の記憶に残っている。忠誠心は僕にとって重要なもの。彼のような人物と一緒に肩を並べられたことを誇りに思うよ。これまで以上に強くなりたいという思いが一層強くなるね」とハミルトンはコメントしている。