9日午前4時40分ごろ、滋賀県米原市内の名神高速道路上り線を走行中の乗用車が路外へ逸脱。道路左側のガードレールに衝突し、本線上で立ち往生していたところに後続車2台が追突する事故が起きた。乗用車を運転していた37歳の女性が死亡している。

滋賀県警・高速隊によると、現場は米原市柏原付近で片側2車線。クルマは急ハンドルを切って道路左側の路外に逸脱。ガードレールに衝突した弾みで押し戻され、第2車線上で立ち往生していたところ、進行してきた大型トラック2台が次々と追突した。

乗用車は大破。運転していた京都府長岡京市内に在住する37歳の女性は病院へ収容されたが、全身強打が原因で約2時間後に死亡。トラック2台の運転者にケガはなかった。

事故直後の本線上でシカの姿が目撃されていることから、警察はシカとの衝突を避けようと急ハンドルを切った可能性が高いと推測している。