横浜ゴムブース

横浜ゴムは、4月19日から28日まで中国の上海で開催される「上海モーターショー2011」に出展する。

今回は、ヨコハマタイヤの環境技術であるオレンジオイル配合技術を訴求する。オレンジオイルはゴムをしなやかにしてグリップ力を高め、走行性能と環境性能を両立する技術で、同社製の一般市販用タイヤをはじめ、トップクラスのモータースポーツ用レーシングタイヤにも採用している。

ブースでは、オレンジオイルのメカニズムを解説するほか、同技術を採用した商品として3月から中国で発売した最高峰コンフォートタイヤ「ADVAN dB V551」や同社がワンメイクタイヤを供給するCTCC向けのレーシングタイヤを展示する。

一方、同社の新しい環境コンセプト「BluEarth(ブルーアース)」も出展する。ブルーアースは「環境、そして人や社会にやさしいタイヤ」をテーマに世界中で展開するグローバル・コンセプトで、欧州に続き今秋にも中国で第1弾の商品を発売する予定。今回は、プロトタイプタイヤを参考出品し、ブルーアースコンセプトの認知度向上を図る。

4月24日は中国のヨコハマタイヤイメージキャラクターである人気俳優の古天楽(ルイス・クー)が会場に来場する予定。同氏は「ヨコハマ環境大使」としてプレス発表会にも参加する。