日本自動車販売協会連合会が発表した2010年度(2010年4月〜11年3月)の一時抹消登録台数は、前年度比4.0%減の387万3735台となり、前年度を下回った。

一時抹消登録台数は、統計をとりはじめた2006年度から減少しており、これで4年連続マイナスとなった。

一時抹消登録は、主に自動車販売事業者が下取り車やオークションで購入した車両を一時的に抹消するのに活用している。中古車市場のタマ不足が続いていることから、一時抹消登録台数もマイナスが続いている。

ピークの2006年度の458万9000台から約70万台減少している。この間、中古車登録台数も減少している。