日本自動車販売協会連合会が発表した2010年度(2010年4月〜11年3月)の永久抹消登録台数は、前年度比30.8%減の43万8362台となり、2年ぶりに大幅に減少した。

スクラップインセンティブの影響で2009年度の永久抹消登録台数は急増。その後2010年9月に終了した反動で、2010年度下半期の永久抹消登録台数に急ブレーキがかかった。

高年式車の多くがスクラップインセンティブ実施期間に廃車となったことから2010年度は大幅マイナスとなった。