radiko.jp、関東7局と関西5局の新たな12局が参加

12日、radikoが運営する『radiko.jp』で、関東地区7局・関西地区5局のラジオ局が新たに参加し、12日10時よりradiko.jpでの実用化試験配信を開始する。新たに参加する12局は2011年10月の本配信を目指す。

新たな参加局は、関東地区は、茨城放送、アール・エフ・ラジオ日本、エフエム栃木、ベイエフエム、エフエムナックファイブ、横浜エフエム、エフエム群馬の7局。関西地区は、ラジオ関西、京都放送、和歌山放送、ラジオNIKKEI、兵庫エフエム放送の5局。

今後、4月中に順次、北海道地域、福岡地域でも、radiko.jpの実用化試験配信の開始を予定している。

また、radikoが東日本大震災への緊急対応として実施していたradiko.jpのエリア制限解除が12日で終了し、すべての放送局が本来の配信エリアに戻った。今回の緊急対応は、被災地区及び被災者への情報入手経路の確保という目的により、期間限定で参加ラジオ局(関東7局、関西6局、中京7局)の配信を、日本全国で聴取可能にしていた。

radiko.jp、緊急対応として実施したエリア制限解除を終了