西友は、品薄状態が続く乾電池を米国から緊急輸入し、全国の西友、リヴィン、サニーで販売すると発表した。

東日本大震災による停電の影響で、依然として単1・単2を中心として乾電池の品薄状態が続いている。同社は、親会社であるウォルマート・ストアーズの商品調達網を活用し、4月1日と15日の2回に分けて、約110万個の乾電池を緊急調達して販売する。

ウォルマートは2005年に米国で大きな被害をもたらしたハリケーン「カトリーナ」の災害後、緊急時に必要な物資を倉庫に備蓄しており、今回、日本の需要に対応するためこれを放出する。

1日には、ウォルマートの緊急災害時用の備蓄倉庫に保管されていたエナジャイザー社製の乾電池約35万個を発売した。

2回目となる15日には、レイオバック社製の単1・単2乾電池72万個を輸入し、販売する計画。これらはウォルマートが通常米国の店舗で販売しているもので、急きょ、日本用に商品を調達した。

西友では、乾電池のほかにも、乾電池付き懐中電灯やランタンなど、現在需要が高まっている商品をウォルマートの商品調達網を活用し提供する。