ユーシンは、東日本大震災の影響で部品納入先の自動車メーカーの操業が停止していることから2012年2月期の通期業績見通しを下方修正した。

売上高は490億円を予想していたが70億円マイナスの420億円にとどまる見通し。東日本大震災の影響で完成車メーカーの稼働が低下しているため。

収益でも売上げが予想を下回るほか、為替も想定していたよりも円高傾向で推移、為替差損が発生した。加えて新工場建設のための資金調達で金融機関に対する手数料が発生、経常利益は18億円を予想していたが4億円に下方修正した。

最終利益も、従来予想より7億円マイナスの1億円にとどまる見込み。