石油情報センターによると、4月6日現在、東北地方にある石油元売り系列のサービスステーション(SS)の稼働率が、92%となったことがわかった。

東北地方にある元売り系列のSS、3070か所のうち、稼働しているSSは2835か所となり、稼働率は92%にまで回復した。

また、東北6県にある油槽所29か所のうち、5日現在で25か所で出荷を再開している。

東北地方でのガソリンなどの燃料不足の早期解消を目指してSSの稼働再開、油槽所の出荷再開、タンクローリーの追加投入などによる供給体制が強化されている。

一方、関東地方にある元売系列のSS、6661か所のうち、99%に当たる6598か所のSSが7日現在で稼働している。