ハセミモータースポーツがSUPER GTの参戦休止(写真:2010年シーズンの様子)

ハセミモータースポーツは11日、2011年のSUPER GTシリーズ参戦を休止することに決定したと発表した。参戦体制を確立できず、参戦を断念したとしている。

ハセミモータースポーツは、昨年、柳田真孝、星野一樹のコンビでGT300クラスチャンピオンを獲得。2011年も引き続きSUPER GTシリーズ参戦に向け準備を進め、タカラトミーを始めとするスポンサー各社からも、引き続き支援してもらえる状況であったという。

しかし、昨年のドライバー柳田、星野は、それぞれ別のチームからSUPER GT参戦が決定していた。

ハセミモータースポーツの長谷見昌弘代表は「これまで応援頂いたスポンサー各社様を始め関係者の皆様、ファンの皆様よりこれまで賜りましたご厚情に対しまして、深く御礼を申し上げます」とコメント。

なお、来年以降のSUPER GT参戦については未定ではあるが、今後復帰の可能性を模索していくとしている。

ハセミモータースポーツがSUPER GTの参戦休止(写真:2010年シーズンの様子)