EV講習会

福島第1原子力発電所の深刻な事故の発生で、日本EVクラブの館内端代表のもとには「原発事故により、EVの開発や普及に逆風が吹くのでは」という趣旨の問い合わせが殺到しているという。

館内氏は、同クラブが電気自動車について学びたい人達を集めて開催したEV講習会のなかで、「冷静になって考えてほしい」と語る。

「EVを増やすと原発を増やさなければならないのでは」との意見に関しては、「基本的にEVの充電は夜間におこなわれるものなので、ピーク時の電力消費を押し上げるものではない」と説明。

自動車のエネルギー効率からみても、石油を燃やして動かす内燃機関と比較して、電気自動車はおよそ9分の1と優れており、EVの普及により自動車部門の石油消費量を節約できるという。

将来的には、スマートグリッドにEVが組み込まれると、電力消費のピーク時にはEVから電力を吸い出すことも可能になる。EVが電力供給源として機能すれば「ピーク時の電力消費量をまかなうために作られた原子力発電所を、場合によっては削減することも可能になる」との見通しを示した。

館内代表は、EVの導入がもたらす大きなポイントとして「EVクラブで改造EVを使う人にとっては、この電気はどこからきているのかというエネルギー問題に目覚めるきっかけとなるのではないか。火力発電ではCO2の排出、原子力発電では核廃棄物の処理が心配など、自分自身の生活を人や地球環境に優しいものに変えていく効果がある」と述べた。

EV講習会 EV講習会 EV講習会 EV講習会 EV講習会