ジャメ・コンタント号をミニEVで再現

日本EVクラブは9日、自動車として初めて100km/hを超えた電気自動車『ジャメ・コンタント』号へのオマージュとして制作したミニEVを公開した。

フランス語で「決して満足しない」を意味するジャメ・コンタント号は、1899年にベルギーの技師カミーユ・ジェナッツィにより自動車として初めて100km/hを超えた電気自動車。砲弾型のボディにバッテリーを搭載し、60馬力の電気モーター2つを後輪に直結したものであった。

ジャメ・コンタント号へのオマージュとして制作されたミニEVは、同クラブが開催した「EV講習会」のなかで公開されたもの。講習会にはEVビジネスを始めようとする人や、EVについて学ぼうとする人など40名が参加、モーターやバッテリーについての講義やEV車両の組み立て実演などがおこなわれた。

このミニEV、当時のジャメ・コンタント号と同じく2つのモーターにより後輪を駆動、最新のリチウムイオン電池を搭載し60km程度の航続距離を持つ、ナンバーも取得しており公道走行も可能。ステアリングに独自の機能を採用して、2つのモーターにより左右のタイヤを逆回転することで、超信地旋回に近い動きをとることも可能だ。

日本EVクラブの館内端代表は「学校や研究機関など、いろいろなところで使ってもらってEVの基本を学んでもらいたい」と語り、EVを学ぶ教材として数台の販売も計画しているとのこと。今後、車両制作のノウハウを持つ人達を集めて製品化を目指す。

ジャメ・コンタント号をミニEVで再現 ジャメ・コンタント号をミニEVで再現 ジャメ・コンタント号をミニEVで再現 ジャメ・コンタント号をミニEVで再現 ジャメ・コンタント号をミニEVで再現 ジャメ・コンタント号をミニEVで再現 ジャメ・コンタント号をミニEVで再現 ジャメ・コンタント号をミニEVで再現 ジャメ・コンタント号をミニEVで再現 ジャメ・コンタント号をミニEVで再現 ジャメ・コンタント号をミニEVで再現