6日午前9時25分ごろ、大阪府大阪市住吉区内にある南海電鉄高野線の踏切で、踏切待ちをしていた自転車に電動車いすが追突。踏切内に押し出された自転車と通過列車が衝突する事故が起きた。自転車に乗っていた11歳の男児や列車の乗客らにケガはなかった。

大阪府警・住吉署によると、現場は大阪市住吉区帝塚山東5丁目付近。11歳の男児は自転車を降りた状態で踏切待ちをしていたが、そこに後ろから進行してきた82歳女性の乗る電動車いすが追突。自転車は踏切内に押し出された。

男児と通行人は自転車はを回収しようと踏切内に進入した。しかし、通過列車が接近したことから退避。直後に通過してきた下り特急列車(難波発/極楽寺行き)が自転車と衝突した。自転車は大破したが、男児と列車の乗客乗員にケガはなかった。

警察では過失往来危険容疑で電動車いすの女性から事情を聞いているが、操作ミスが事故の主因とみられている。