5日午後7時40分ごろ、長崎県佐世保市内の県道で、交差点を右折しようとしていた路線バスと、対向車線側を直進してきたタクシーが衝突する事故が起きた。この事故で双方の9人が負傷している。

長崎県警・佐世保署によると、現場は佐世保市平瀬町付近で片側3車線で緩やかなカーブ。交差点を右折しようとしていた佐世保市営バスに対し、対向車線を直進してきたタクシーが衝突した。

双方の車両は中破。タクシーには0歳と4歳の乳幼児を含む6人が乗車していたが、このうち70歳の男性運転手が胸部骨折の重傷。客として乗車していた大人3人(男性1人、女性2人)が打撲など軽傷。子供にケガはなかった。

また、バスには客と運転士を合わせて17人が乗車していたが、このうち客5人が打撲などの軽傷を負い、近くの病院に収容されている。

警察では双方の安全確認に怠りがあったものとみて、運転者の回復を待って自動車運転過失傷害容疑で事情を聞く方針だ。