横浜ゴムは4月8日、輸出用タイヤの価格を4月から順次値上げすると発表した。値上げ幅は最大15%程度を計画、地域や商品によってはそれを上回る場合もあるとしている。

対象となるのは、乗用車用、小型トラック用、トラック・バス用、建設・産業車両用タイヤ・チューブなどの輸出用タイヤ全商品。

今回の値上げは、原材料費の高騰や、天然ゴムを中心にタイヤ原材料の購入価格が大幅に増加しているため。なお、原材料費の高騰に関しては先行きが不透明であり、費用高騰が継続した場合は今後さらなる対応を検討する考えだ。