東京電力は、東日本大震災やその余震による停電、4月14日から実施する予定の計画停電により停電した地域の利用者を対象に、電気料金を割引くと発表した。

一般家庭など低圧で受電している利用者、高圧で受電し、契約電力が500kW未満利用者は、1日のうち1時間以上の停電が発生した場合、1日ごとに基本料金の4%を割引し、5月分の電気料金請求時以降、順次精算手続きする。

同社は計画停電で広く社会に迷惑をかけたことから、電気料金を割引くとしている。