JX日鉱日石エネルギーは4月8日、東北地方の広い範囲で停電となったことから、同社の石油製品の供給基地となっていた八戸油槽所、塩釜油槽所、盛岡油槽所からサービスステーションへの出荷が不能になったと発表した。

同社は東北地方の燃料不足を解消するため、被災地に近い太平洋岸の油槽所を相次いで操業再開して、被災地への燃料供給の正常化を図ってきた。

今回の停電で東西オイルターミナルの八戸油槽所と塩釜油槽所、共同利用していた出光興産の塩釜油槽所、日本オイルターミナルの盛岡油槽所が出荷できなくなっている。

停電で営業停止するサービスステーションも多く、被災地への石油製品の供給体制が再び悪化することが懸念される。