イメージ

5日午前5時15分ごろ、福井県敦賀市内の北陸自動車道下り線で、路肩に停車していたワゴン車に対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突する事故が起きた。この事故でワゴン車は大破し、乗っていた6人が重傷を負っている。

福井県警・高速隊によると、現場は敦賀市獺河内付近で片側2車線の直線区間。ワゴン車は何らかの理由で路肩に停車していたが、そこに後ろから進行してきた大型トラックが追突したとみられる。

追突によってワゴン車は大破。乗っていた男性6人が骨折や打撲などの重傷を負い、近くの病院に収容されている。警察はトラックを運転していた兵庫県神戸市内に在住する36歳の男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

負傷した6人は同市内にある電力系のメンテナンス会社に所属。事故当時は新潟経由で福島第一原子力発電所へ向かう途中だった。警察では運転していた37歳男性の回復を待ち、路肩で停車していた理由について事情を聞く方針だ。