日本マイクロソフト 樋口泰行社長(右)、トヨタ自動車 友山茂樹常務役員

トヨタ自動車と日本マイクロソフトの提携会見で、日本マイクロソフトの樋口泰行社長は「品質を重要視するトヨタに認められ、身の引き締まる思いだ」とした。

そのうえで「今後大事なところにも使ってもらえるように取り組みを進めたい」とし、トヨタと幅広く関係を深めていく意向を示した。


今回の提携により構築されるグローバルクラウドサービスは、トヨタ、MSともに他社への横展開を視野に入れる。企業の枠を超えたインフラの共有にも前向きに取り組む方針だ。

樋口社長は「クラウドサービスについては規模、スケールメリットの重要性を認識している」とし、今回の提携が車載テレマティクス用インフラのデファクトスタンダード構築に向けて大きな意味を持つことを示唆した。