トヨタ自動車 友山茂樹常務役員

トヨタ自動車の友山茂樹常務役員と日本マイクロソフトの樋口泰行社長は8日、都内で記者会見し次世代テレマティクス技術などでの提携について説明した。

トヨタの友山常務は、今回の提携によって「当社のテレマティクス技術やマイクロソフトのクラウド技術などを融合させ、低炭素社会の早期実現につなげたい」と語った。

両社は提携で、次世代テレマティクス技術だけでなく、トヨタが日本で実証実験を行っているスマートグリッド(=トヨタスマートセンター)技術との一体展開も図る。

友山常務は、マイクロソフトのクラウド技術や情報インフラの活用によって「スマートセンターのプロジェクトもグローバルに、かつ迅速に推進できる」と期待を表明した。また、提携によって開発される各種のアプリケーションについて友山常務は、他の自動車メーカーに対しても「低炭素社会実現のために供給できるよう前向きに考えたい」と述べた。