日本マイクロソフト 樋口泰行社長(右)、トヨタ自動車 友山茂樹常務役員

トヨタ自動車とマイクロソフトは8日、都内で提携に関する記者会見を開催した。会見に出席したトヨタの友山茂樹常務役員は「他の自動車メーカーから次世代プラットフォームの使用について要請があれば、提供を前向きに検討する」とした。

トヨタによると、今回の提携により実現する新プラットフォームの特徴の一つはオープンであること。

テレマティクスサービスはこれまで、自動車メーカー各社の顧客囲い込み施策として用いられる向きがあったが、トヨタ・MSによるオープンプラットフォームの構築で、メーカーを横断した共通インフラの普及が進む可能性がある。共通インフラが普及することで、インフラ上に展開されるコンテンツやサービスが今後の競争領域となる。

友山常務はクラウドの可能性について「他のデバイスとコンテンツ、サービスを共有しやすくなる。サービス品質の魅力アップにつながるのではないか」と述べた。

トヨタ自動車 友山茂樹常務役員