インプレッサWRX STI

20日に開幕するニューヨークモーターショーで、次期型のデビューが決まったスバル『インプレッサ』。英国では、現行モデルの無償パワーアップがアナウンスされ、話題となっている。

これはスバルの英国法人、スバルUKが5日に発表したもの。4月1日から6月末までの期間限定で、『インプレッサWRX STI』を注文した顧客に、無償でエンジンのパワーアップを実施する。

英国向けのインプレッサWRX STIは、2.5リットル水平対向4気筒ターボエンジンを搭載。通常は最大出力300psだが、期間限定で320psへと20ps引き上げられるのだ。最大トルクも41.5kgmから45.9kgmへ、4.4kgm向上する。

この性能アップにもかかわらず、価格は3万2995ポンド(約458万円)に据え置き。さらに、パイオニア製ナビゲーションシステムも標準装備と、お買い得だ。

パワーアップはスバルUKが独自に行うもので、スバルUKが保証を付けた上で販売を行う。スバルUKは「0-100km/h加速は4.9秒。これはスーパーカーの領域だ」と説明している。