リーフ

新しいものは苦手である。なんたって取扱説明書が読めないし。だから電気自動車って言われても、やれ航続距離が短いだの、やれ充電場所がないじゃんだの、見合いの相手の粗探しよろしく、欠点探しばかりしていた。

だけど、リーフは、ちょっと違う。見た目ふつー。本当は、電気自動車はデザインが自由になるから、もっと異次元カーにしてもいいのかもしれないけれど、私のようにコンサバで新しいものが苦手なアナログ人間にしてみれば、このふつー感がたまらなく親近感を与えてくれる。

さらに乗ってみると、あら、やっぱりふつー。確かに、アクセルを踏み込んだときの加速は、飛行機が離陸するみたいに、シュシュシュターン! と、ぐいぐい加速するし、エンジン音がしないしで、まさに電気自動車なんだけど、最近、ハイブリッドが出回って、このモーターが発するトルク感あふれる加速と静かさに慣れてきた身にしてみれば、電気自動車だから、という違和感がまったくないのである。でも、ハイブリッドよりも、加速のトルクは百万倍(大げさ)あるんだけれど。

あとは充電の仕方と航続距離? でもそれって、なんとかなるんじゃないの? 少なくとも、試乗している横浜を走り回る限りでは、あちこちに充電スポットがあったし。日産の人が見落としている充電ポイントも見つけちゃったくらいだし? そんなふうに考えられるお気楽マインドの人には、絶対、面白いと思います。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。

リーフ リーフ リーフ リーフ リーフ