5シリーズ PHV

BMWの中国合弁、BMWブリリアンスは7日、19日に開幕する上海モーターショーに、独自開発した『5シリーズ』のプラグインハイブリッド車を出品すると発表した。

BMWブリリアンスは、BMWグループとブリリアンスチャイナオートモーティブ(華晨中国汽車)の合弁会社。5シリーズや『3シリーズ』を現地生産している。今年の上海モーターショーで披露されるのは、5シリーズのロングホイールベース車を基本に開発した中国向けプラグインハイブリッド車だ。

PHVシステムは、エンジンがガソリンツインターボで、最大出力218psを発生。モーターは最大出力95psを引き出し、EVモードでは最大75kmをゼロエミッション走行できる。さらにエンジン併用で、最大航続距離はプラス400km伸びる。

BMWブリリアンスは2013年から、同車の現地生産を開始し、中国市場へ投入する計画。中国プレミアムカー市場において、プラグインハイブリッド車の普及を推進する方針だ。