提携会見

日本時間の7日未明、トヨタ自動車とマイクロソフト(MS)との提携が発表された。

MSのクラウドプラットフォームである「Windows Azure」をベースに、人と車と住宅をつなぎ、エネルギー消費を統合的にコントロールする「トヨタ スマートセンター」の機能を拡充し、EV/PHVに最適化したスマートグリッドのシステムを共同で構築する。

トヨタ自動車の豊田社長は大規模なデータセンターをもつMSのクラウドプラットフォーム利用することでより高度なテレマティクスサービスが実現でき、「クルマの付加価値になる」と説明。

今回の提携について、豊田社長は「1998年に私がGAZOOのプロジェクトを立ち上げた時、MSがベンチャーとしてのDNAに共感してくれた。GAZOOはアメリカの先見性と懐の深さに育てられたプロジェクトであり、MSとはそれ以降も一緒に仕事をさせていただいてきた」とMSとの縁を紹介。

「昨今、エネルギー問題や環境問題がよりクローズアップされてきた。次世代環境車の実現が急がれているなか、この1月にバルマー氏に訪問し、いままで以上に力を貸して欲しいと申し出たところ、二つ返事で受けてくれた。MSもトヨタもともに、もともとベンチャーとしてのDNAを持っていた。この両社が融合したすることで、今後どういうワクワクするクルマが出てくるか、皆様に期待いただきたい」

提携会見 マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEO トヨタ自動車の豊田章男社長 提携会見