日本自動車連盟(JAF)は、被災地域でも燃料切れによるロードサービス活動を再開したと発表した。

JAFでは東日本大震災による被災地域で、ガソリン、軽油の調達が困難になった地域で、燃料切れの救援依頼に対応できない状態が続いていた。

今回、被災地の燃料供給施設の復旧や被災地以外のエリアからの支援によって全地域で燃料切れによる救援依頼への対応を再開した。

JAFでは、被災地域でのロードサービス隊員の体制を強化し、被災車両の移動作業をはじめとする通常の救援依頼も実施している。