中国販売を牽引するA6L

アウディは6日、今年第1四半期(1-3月)の中国新車セールスの結果を公表した。香港を含めた総販売台数は、過去最高の6万4122台。前年同期比24.6%増を達成した。

6万4122台の内訳は、現地生産車が5万1951台。前年同期比18.2%増の伸びを見せた。中国専用ロングホイールベース車の『A4L』と『A6L』に加え、『Q5』の人気が販売増につながった。

ドイツからの輸入車は、1万1481台。前年同期比は66.4%の大幅増だ。3月に投入された『A8L』が1655台を売り上げたのをはじめ、『Q7』が前年同期比76.6%増の4051台、『A5クーペ』が111.2%増の716台と支持を集める。

アウディは需要の増加に対応して、中国内のディーラーネットワークを2013年末までに、現在の174から400以上へ倍増させる計画。同社のペーター・シュヴァルツェンバウアー販売担当取締役は、「過去最高だった昨年に続いて、今年第1四半期も中国での成長は続いている。我々は今年の中国販売目標を約28万台に設定する」と語り、攻めの姿勢を示している。

A4L Q5