S60

全長が4.6mを超えるスポーツセダンの『S60』に1.6リットルエンジンとは……。世の中、変わったものだ。しかもこの直噴ターボは充分以上に速い。

もちろん3リットルターボを積む「T-6」にはやや及ばないが、エンジンが軽いおかげでより俊敏なハンドリングを見せるというオマケがつく。

デザインも変わった。95年の初代(先代)『S40』以降、ボルボはそれまでのボクシーフォルムを脱しつつ、しかし伝統も重んじたデザイン・アイデンティティの構築に努力してきた。「昔と違って丸みを帯びているけれど、でもボルボらしいね」というデザインだ。それがラインナップを一巡して、『XC60』から「ボルボデザインの新時代」に進化しつつある。新型S60はその第2弾だ。

今回のデザインテーマは「モーション」。サイドビューを見れば、勢いのあるラインがノーズからリヤエンドへと延びる。セダンだからもちろんトランクリッドを備えるが、見た目にはファストバックの4ドア・クーペに近いダイナミックなプロポーションだ。

もうひとつ特徴的なのはサイドのキャラクターライン。前後のタイヤの上で弧を描くことでタイヤの踏ん張り感を表現しつつ、その間のドアのところではラインを低く抑えて低重心に見せている。

1.6リットルも3リットルも乗り心地は硬め。高速道路ではとくに3リットルのフラット感が印象的な一方、タウンスピードではちょっとゴツゴツする。しかしそれも、スポーティなデザインに相応しい演出と言えるだろう。外観を見て期待したスポーツセダンとしてのキャラクターが、乗っても一貫して感じられる。そこがS60の魅力だと思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★?★
インテリア/居住性:★★★★
?パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★?★★

千葉匠|デザインジャーナリスト/AJAJ理事
デザインの視点でクルマを斬るジャーナリスト。1954年生まれ。千葉大学工業意匠学科卒業。商用車のデザイナー、カーデザイン専門誌の編集次長を経て 88年末よりフリー。日本自動車ジャーナリスト協会=AJAJ会員。日本ファッション協会主催のオートカラーアウォードでは11年前から審査委員長を務めている。

S60 S60 S60 S60 S60 S60 S60 S60 S60 S60 S60