CT200hが初登場ながら2199台を販売し3位と健闘

日本ではガソリンの高値が続いているが、米国も事情は同じ。その米国では3月、ハイブリッド車の販売が前年同月比46.5%増と大きく伸びたことが分かった。

これは2日、米国のハイブリッド車専門の情報サイト、『HybridCars.com』が伝えたもの。同サイトによると、3月の米国新車販売におけるハイブリッド車の総販売台数は3万4082台で、前年同月比46.5%増の高い伸びを示したという。

これは、ガソリン価格の上昇で、新車購入の際、燃費性能を重視する顧客が増えているため。現在、米国の平均ガソリン価格は、1ガロン(3.785リットル)当たり3.5ドル(約295円)という高水準にある。

同サイトが調査した3月の米国ハイブリッド車販売ランキングベスト10は以下の通り。車名、販売台数、対前年同月比の順に記載。


1.トヨタ・プリウス…1万8605台(57.9%増)
2.ホンダ・インサイト…2782台(68.4%増)
3.レクサスCT200h…2199台
4.ホンダCR-Z…1685台 
5.フォード・フュージョン…1466台(12.2%減)
6.レクサスRX450h…1438台(14.9%増)
7.トヨタ・カムリ…1437台(7.2%減)
8.フォード・エスケープ…1195台(2.3%増)
9.トヨタ・ハイランダー…797台(34.2%増)
10.リンカーンMKZ…615台


トヨタ『プリウス』の1位は当然としても、注目は3位に入ったレクサス『CT200h』。ランキングに初登場ながら、2位のホンダ『インサイト』に次ぐ2199台を売り上げた。同サイトは「プレミアムハイブリッドでありながら、2万9210ドル(約248万円)のベース価格が巧を奏した」と分析している。

プリウス CR-Z