村上開明堂は、イタリアの自動車ランプ部品メーカーのOLSAと合弁で中国で自動車用ランプ部品などの製造に乗り出すと発表した。

自動車需要が好調に推移し、今後の伸びも見込まれる中国市場に進出して、中国やアジアでの自動車用ランプ部品事業を拡充する。

村上開明堂とOLSAは合弁会社「嘉興奥尓薩村上汽車配件」を浙江省嘉興市に設立した。資本金は210万米ドルで、OLSAが55%、村上開明堂が45%出資した。2011年7月から自動車用ランプ部品を製造する。

合弁会社では、2013年には1772万元の売上げを見込んでいる。