トヨタ自動車とトヨタ・モーター・ノース・アメリカは、全米家庭教育センター(NCFL)と共同で発足させた「トヨタ親子識字プログラム」が3月で設立20周年を迎えたと発表した。

このプログラムは、これまで米国の30州、50都市、256拠点で展開しており、支援総額は3600万ドルに及ぶ。

プログラムは、英語で読み書きの出来ない親を持つ子供の識字率が低くなる傾向にあり、その負の連鎖を断ち切る一助とするため、親子が一緒に勉強する場を提供するもの。

始まった当初は5都市で、未就学児童とその親を対象とした活動から開始したが、次第に活動範囲を広げ、現在は、移民親子の識字教育に注力している。

第20回年次総会は、現地時間で4月3日〜5日に、NCFL本部のケンタッキー州ルイビルで実施し、プログラムに関する講演やワークショップを開催した。4日に行われた晩餐会では、NCFL関係者や卒業生などの招待客約1500人が出席してこれまでのプログラムに関わった教師の功績や社会参加を果した卒業生を紹介した。

総会には、トヨタの豊田章一郎名誉会長も出席し、席上「NCFLは、必要な人々に救いの手を差し伸べるというアメリカ人の精神そのものである。我々は親子識字プログラムの発展に向けて、NCFLの皆様と引き続き本活動に取り組んでいきたい」と述べた。

トヨタは今後も米国で車を提供していく一方で、「良き企業市民」として、米国社会の発展に貢献する活動を推進していく方針だ。