日立物流は、タイにある物流事業者エターニティ・グランド・ロジスティックス・パブリック・カンパニー(ETG)を買収することで合意したと発表した。

日立物流は、グループのグローバル事業拡大の一環として、経済発展による物流需要の増大が見込まれるタイを中心としたインドシナ地域の事業拡大・強化を図るため、タイにある子会社を通じてETGを買収することを決めた。

ETGの全株式の取得を目的に、大株主との相対取引を実施するほか、ETGはタイ証券取引所に上場しているため株式公開買付けを実施する。

ETGの事業運営体制やシナジーについては、今後、両社で協議する。

日立物流グループは、今後もアジアでの物流ネットワークを強化し、顧客サービスの向上を図ることで、グローバル物流事業の拡大を目指す。