フィットシャトル

ホンダが発売を準備する『フィットシャトル』は、フィットの派生車であるため、フロント周りにもそのイメージが残されているが、実はそのままの流用ではなく、デザインに工夫が凝らされている。

本田技術研究所四輪開発センターデザイン開発室第1ブロック1スタジオの小万修二さんは、「実は、長さを多少伸ばしているのです」という。

「いまのフィットのキャビンのままコンパクトな車を作ろうと思ったら、フロントのもっと短いクルマが出来ます」。しかしフィットシャトルを担当した小万さんは、「キャビンがのびのびとしたところに、鼻がブッと詰まったようなスタイルは嫌だった。これは僕の我儘です」と笑う。

そこでキャビンののびのびとしたイメージを壊さないために、フロントを伸ばしたのだ。また「グリルも立派なものに変えて、プラスチックな感じではなく金属調で目鼻立ちが整っている顔にしたかったのです」。

リアについてもデザインのこだわりがあった、「フィットのDNAである、走りやスポーティさや先進性は残さなければなりませんが、当初のデザインはどうしても、ただのステーションワゴンに見えてしまったのです」。そこで、「リアのゲートはよりラウンドさせ3Dのガラスにしています。ここもデザインのために寸法を少しもらいました」という。

小万さんは、「(当初の商品企画としては)もう少し短くていいのですが、嫌だった。フィットはある意味小さくすることが正義ですが、『フィットシャトル』はそうではない。ユーザーのプライドのためには良いのだと考えました」。

フィットシャトル フィットシャトル フィット フィット フィット