フォレスター

富士重工業は4月5日、群馬製作所で小型車の生産を6日から再開すると発表した。本格的な生産再開には時間がかかる見通し。

同社は東日本大震災の影響で自動車生産はほぼ停止し、生産量が限られる軽自動車についてのみ3月31日から在庫部品を活用するなどして生産を再開している。

『レガシィ』や『フォレスター』などの小型車についても6日から部品などの準備が整ったものから順次生産を再開できる見通しとなった。

軽自動車と同様、サプライヤーからの部品供給量や電力供給状況を確認しながらの操業となる。本格的な生産の再開には「まだしならく時間がかかる見込み」としている。

海外生産用部品や補修用部品についても準備が整ったものから順次操業を再開している。

東日本大震災により影響を受けた乗用車メーカー工場の操業状況は1日現在、以下の通り。

●トヨタ自動車
下記を除く完成車の生産…停止
プリウスなどハイブリッド車3車種…操業

●日産自動車
いわき工場(エンジン)…停止、4月中旬から再開
栃木工場、九州工場、日産車体、日産車体九州…4〜8日停止

●ホンダ
狭山工場、鈴鹿製作所(いずれも四輪)…11日から再開
熊本製作所(二輪・汎用製品)…操業

●マツダ…操業

●三菱自動車…操業

●スバル富士重工業
登録車…6日から再開
軽自動車…操業

●ダイハツ工業
本社池田工場、京都工場、ダイハツ九州大分第2工場…8日まで停止
滋賀工場(ムーヴ)…4〜8日操業
ダイハツ九州大分第1工場(ハイゼット、ミラ)…4〜8日操業

●スズキ
湖西工場、相良工場、磐田工場(いずれも四輪)…4〜8日操業
豊川工場(二輪)…操業

※順不同。期限のない停止・再開は、期限未定。また操業中のところも、いずれも部品・素材調達が不安定なため、本格的な操業ではない。