クーガ

サイドビューが久々に美しいSUVだ。エアロフォルムや居住性の観点から極端にフロントセクションが短いSUVが見られるが、このクーガはそれらとは明らかに異なる、いわばSUVの伝統的エクステリアだ。

欧州フォードのデザインは日本人に受け入れられやすいツボを心得ているかのよう。走り出して感じるのはクルマがとても軽い、ということ。いや、実際に軽いのかどうかは別として、加速、コーナーリング、ブレーキングのどれもが軽く感じるのだ。熱線入りのフロントウィンドウなんかはまるでレンジローバーみたい。

そのインテリアに派手な演出は見当たらないがスッキリとしていて、室内も広く解放感がある。また、室内の静粛性も高く新湘南バイパス(神奈川県)での有名な路面の継ぎ目でもハーシュが強すぎるということもなかった。

ターボ付き直列5気筒2.5リットルエンジンは極低回転域からしっかりとしたレスポンスがあり、市街地走行でも或いはフル乗車状態でも十分に余裕がある。燃費優先の柔なパワーソースを搭載したSUVではないところに好感が持てる。そして、このクラスのSUVとしてはリーズナブルな価格。アクセサリーの充実度も含めてとても楽しめるSUVだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

松田秀士|レーシングドライバー/モータージャーナリスト/僧侶
スローエイジングという独自の健康法を実践しスーパーGT最年長55歳の現役レーサー。今でも若者レーサーとバトルを演じるレベルを保っている。国内レースだけでなく海外レースにも多くの出場経験を持つ。メカニズムにも強く、レースカーのセットアップや一般車の解析などを得意とする。専門誌等への寄稿文は分かりやすさと臨場感を伝えることを心がけている。

クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ パワーソース:ボルボに搭載されて定評ある直5ユニットを、クーガ専用にチューニング。力強く、クルマの性格にマッチしている。 インテリア/居住性:質感も、広さも、開放感も、荷室の使い勝手も◎。 フットワーク:SUVと思えない機敏な足周り。走っているうちに、背高ボディを忘れてしまいそうになる。 オススメ度:性能、デザインと価格のバランスがいい。国産と比べれば割り高だが、輸入車としては充分にお買い得。