リーフ

日本における原子力発電の、向こう数十年に渡る“仮死状態”は、安い深夜電力と半ば表裏一体によちよち歩きし始めたEVにとって致命的となるのか、はたまた、まざまざと見せつけられた電化社会における“停電恐怖”と災害時の“ガソリン不足”に備えるという意味で、家庭用太陽光発電による蓄電装置としての+αな魅力も分かりやすく喧伝されて、普及にやっぱりいっそうの拍車が掛かるのか。

実用コミューターの革命的変化も語り合うのであれば、後者の可能性に期待したいところだが……。

という状況で、昔ながらの“乗用車”として登場した完全EVの日産『リーフ』を評すると“まったくもってフツウのクルマだったよなあ”だった。どころか、『ティアナ』より乗り心地はいいし、加速フィールはとても頼もしいし、(家に充電設備があって)安けりゃ1台くらい買っといても面白いよな、と思わせるほど。実用で語るべきクルマではあるが、EVということで、今この瞬間は趣味的に旬だったりする(超生鮮食料品級だろうけど)。 

今さら驚いても仕方ないが無音で走ること、そして内外装のグレードを考えると税金で援助してもらってもなおベラボーに高いこと、以外は日常生活でフツウに使える5ドアハッチバックだと評価したい。フツウと言いつつ、これはリーフでしか味わえない! というライドテイストもあるわけで、そういう意味では極めて個性的、日産オリジナルなハッチバックだった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★★(充電環境のある方限定)

リーフ リーフ リーフ リーフ リーフ リーフ リーフ リーフ リーフ 電気自動車のリーフ。被災地では深刻な燃料不足から、電気自動車の需要が急速に高まってきているという リーフ