安曇野市に納車した電動アシスト自転車

ヤマハ発動機は、同社の電動アシスト自転車『PAS』(パス)20台が、長野県安曇野市で4月中旬からのレンタサイクルとして採用されたと発表した。

安曇野市は、景勝地や観光地が点在しており、観光客も多い。よりスムーズで利便性の高いクリーンな移動手段として電動アシスト自転車に着目した安曇野市は、今春から安曇野を舞台としたドラマがスタートしたことから今後、観光客の増加が見込まれており、電動アシスト自転車を利用した環境に配慮した観光を促進することにした。

ヤマハの販売子会社ヤマハ発動機販売は、観光地や都市部の官公庁・法人・企業向けに、電動アシスト自転車の車両・メンテナンス・各種保険や導入時の安全講習会などをパッケージにしたリース・販売システム「パスクル」の提供を2009年12月より開始している。パスクルにはメンテナンスや各種保険がセットになっており、ヤマハ発動機では観光客が安心して安曇野周遊を満喫できることからPASが採用されたと、している。