ボルト

日産『リーフ』とGMのシボレー『ボルト』。米国では2010年末に発売された両車の11年第1四半期(1〜3月)累計販売台数が出そろった。

両社の発表によると、今年1-3月実績は、リーフが452台、ボルトが1210台。ボルトがリーフに2倍以上の差をつけている。現在、米国ではガソリン平均価格が1ガロン(3.785リットル)当たり3.5ドル(約295円)という高値を記録しており、GMは「ガソリン価格の高騰も、ボルトの販売にとって追い風になった」と分析する。

両車の今後の販売については、3月に発生した東日本大震災の影響で、リーフは生産計画の変更が避けられない見通し。すでに日産の米国法人は、リーフを注文した顧客に対して、納車時期が遅れる可能性を通知した。

一方、ボルトは日本のサプライヤーが被災したため、一部パーツの調達に支障が出る見込み。ただし、その影響はリーフほど大きくないもようだ。

リーフ