マイクラ/マーチ(資料画像)

全体相場は小反落。先週末の欧米株高、円安を受け、買いが先行してスタート。ただ、買い一巡後は伸び悩み、平均株価は前週末比10円高の9718円と小幅高で引けた。円相場が1ドル=84円台に下落したが、自動車株は総じて軟調な動き。

トヨタ自動車が15円安の3340円と反落し、ホンダが40円安の3010円と続落。いすゞ、スズキやダイハツ工業、日野自動車、三菱自動車がさえない。

こうした中、日産自動車が2円高の731円と小反発。マツダ、富士重工がしっかり。