富士精工は、2011年3月期の連結決算業績見通しを修正した。

主要納入先の自動車メーカーの生産は新興国需要の増加で回復しているものの、超硬工具の市場は厳しい状況。売上高は超硬工具の内製品の売上げが当初予想を下回る見通しとなり、売上高は前回予想よりも2億7000万円マイナスの98億2000万円となる見通し。

この影響で営業損益も1000万円の黒字を予想していたが1億2000万円の赤字になる見込み。経常利益は特別配当金など営業外収益が予想以上となるため、従来予想よりも8000万円増の2億2000万円に上方修正した。

最終利益は8000万円を予想していたが1億2000万円になる見込み。