道路システム高度化推進機構(ORSE)は、2011年3月末現在のセットアップ件数を発表した。3月は54万2204件、累計で4263万3580件だった。

都道府県別でみると、1位:愛知県(4万7153件)、2位:東京都(4万6763件)、3位:大阪府(3万5450件)、4位:神奈川県(2万9820件)、5位:福岡県(2万6458件)だった。

1万件を超えた道府県は他に、埼玉県(2万4541件)、兵庫県(2万4203件)、千葉県(2万0684件)、静岡県(1万8851件)、広島県(1万7374件)、北海道(1万5194件)、群馬県(1万2751件)、三重県(1万1402件)、茨城県(1万1150件)、京都府(1万0928件)、岡山県(1万0633件)だった。

累計では、1位:東京都(551万2435件)、2位:愛知県(353万8473件)、3位:大阪府(345万9427件)、4位:神奈川県(299万7188件)、5位:埼玉県(225万9883件)だった。

100万件を超えた県は他に、千葉県(194万4510件)、兵庫県(190万8948件)、福岡県(176万3969件)、静岡県(128万142件)、広島県(117万9533件)だった。

また、再セットアップは、18万0247件、累計で828万8722件だった。

今回初めて東京都が月間セットアップ件数1位の座を他道府県(愛知県)に引き渡した。また、5位に福岡県が食い込んだのも初めてだ。