国際興業グループは、池袋〜遠野・釜石間の夜行高速バスの運行を4月4日から再開すると発表した。

同社グループは高速バスについて渋谷〜鶴岡・酒田間、東京〜盛岡間、東京〜八戸・十和田・七戸間などの被災地と都心を結ぶ路線の運行を相次いで再開している。

池袋〜遠野・釜石間の高速バスは、上下線ともに1日1便を運行する。国際興業とグループの岩手県交通、国際興業観光バスの3社共同運行となる。

同路線はこれまで、釜石駅を経由して大槌駅までを結ぶ路線だったが、釜石駅から大槌駅までの区間の停留所の状況が復旧していないため、今回は釜石駅手前の岩手県交通釜石営業所までの運行となる。

運行再開する路線では、現地・釜石の被災状況を考慮して東京方面発の下り線の乗客に対して朝食代わりの軽食(栄養補助食品とスポーツドリンク)を無償提供する。配布期間は4月下旬まで。