スズキは4月1日付けで、「経営企画委員会」で審議する重要経営課題に関して総合的、横断的に基本方針を調整・立案するため「経営企画室」を新設するなどの組織改正を実施する。

経営方針を具現化するため、経営企画室には、経営企画管理、経営企画会議事務局、広報部、秘書課を傘下に置く。

また、海外営業本部を海外四輪営業本部、海外営業業務統括部、海外二輪営業本部に再編する。

開発本部には、先進的な安全や環境技術開発が進んでおり、特許技術などを整備するため「知的財産部」を新設する。さらに、四輪技術本部アセアンテクニカルセンターをタイに置く。

さらに、フォルクスワーゲンとの提携との提携シナジーを担当する提携推進本部の名称を事業開発本部に変更する。

開発部を、開発企画部と開発推進部に分割する。

特機営業部と船外機技術部からなる特機統括部を新設する。
豊川工場と高塚工場は統合して二輪工場とする。

国内製造子会社を統括する法人として「スズキ部品製造」を新設、事業を分社化して移管する。

海外工場は生産本部直轄とし、地域を統括する生産担当を置く。