豊田通商は、4月1日付けで、国内外で一貫した物流サービスのワンストップで提供するため、グループの国内物流の中核を担う豊通物流と、国際複合一貫輸送を担うホットライン国際輸送を経営統合した。存続会社は豊通物流。

今回の経営統合に伴ってホットラインの海外連結会社であるホットライン・インターナショナル・トランスポートは、豊通物流の連結子会社となる。

豊通物流は、国内の自動車部品を中心とする3PL(Third Party Logistics)事業・物流加工・倉庫事業に強い。一方のホットラインは、海外・繊維物流が中心のNVOCC(貨物利用運送)事業を得意分野とする。両社の強みと経営資源を統合することで、国内外で一貫した高品質の物流サービスを提供して競争力を強化する。

ホットラインは、引き続き統合会社内に設ける「HIT国際物流事業部」で業務を継続する。