東京ショールーム

輸入車ディーラー大手のホワイトハウスは、大型アメリカンバイク「インディアンモーターサイクル(Indian Motorcycle)」のショールーム「INDIAN TOKYO」を4月2日にオープンする。

場所は東京世田谷桜ヶ丘の環八沿い。インディアンのショールームは、昨年オープンした名古屋店に続いて国内2店舗目だ。

ショールームの屋内スペースは160平方mで、バックヤードにはリフト2機を導入した整備用スペースがある。さらに、敷地内には来客用の立体駐車場も用意されており、バイク用店舗としてはかなり大型。元々は輸入車のショールームだったものを、インディアンモーターサイクル用に作り直したものだ。

屋内には価格改定された現行の4車種と、2010年・2011年の限定車両も展示。その他に、オプションパーツの販売も行なっている。ホワイトハウス取締役・古田篤識氏は、「アメリカンバイク好きが集えるスペースになったらうれしい。試乗車も用意しているので、興味がある人は気軽に遊びに来てほしい」と語る。また、ショールームでは今後、定期的にイベントも予定しているそうだ。

インディアンモーターサイクルのラインアップと価格は以下の通り。

現行車種
Chief Classic 378万円
Chief Dark Horse 395万円
Chief Roadmaster 461万円
Chief Vintage 480万

2010年限定車
Chief Bomber 424万円

2011年限定車
Chief Blackhawk 418万円

東京ショールーム 東京ショールーム 東京ショールーム 東京ショールーム 東京ショールーム 東京ショールーム 東京ショールーム 東京ショールーム 東京ショールーム 東京ショールーム