i-MiEV

三菱自動車は4月1比、家電量販店のノジマと三菱の電気自動車『i-MiEV』を販売することで合意したと発表した。4月からノジマの基幹店舗で i-MiEVを常時展示するほか、試乗車も配備する。

ノジマは、すでに社用車として i-MiEVを導入するなど、電気自動車の環境性能や静粛性能、乗り心地、動力性能を高く評価している。

ノジマと三菱自動車は、環境負荷の低減、低炭素社会の実現に向け、低炭素社会実現の重要な担い手である電気自動車の普及に協力して取り組むことで合意した。

i-MiEVを取り扱うノジマの店舗はまず、相模原店(相模原市)、座間店(座間市)、レイクタウン店(越谷市)の3店舗。これらの店舗では、i-MiEVを展示や商品説明を行うほか、試乗車も用意する。両社が協力してイベントも実施し、購入希望者にはノジマから三菱自の販売会社に顧客を紹介する。

三菱自はすでにヤマダ電機やビックカメラ、ベスト電器などで i-MiEVの取扱いを開始しており、家電量販店を通して電気自動車の顧客を開拓していく方針だ。