実質170万円の商用EV、ミニキャブ・ミーブを12月発売…4月より予約開始

三菱自動車が低価格の電気自動車『ミニキャブ・ミーブ』を12月に発売すると、テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』が3月31日に伝えた。価格は政府の補助金制度を活用して実質約170万円で、4月より予約を開始するという。

商用向けに開発中のミニキャブ・ミーブは、ボディは商用車の『ミニキャブ』を、バッテリーやモーターは『i-MiEV』の部品を利用、電池の数を減らしコストダウンを図ることで、実質284万円の『iMiEV』より低価格を実現する。

現在、三菱はヤマト運輸との実証実験による開発を進めていて、1日の宅配業務で必要な走行距離と走行性能を両立するバッテリー容量を検討している。また、200万円を下回る乗用タイプのEVも開発中である、と伝えている。

実質170万円の商用EV、ミニキャブ・ミーブを12月発売…4月より予約開始 実質170万円の商用EV、ミニキャブ・ミーブを12月発売…4月より予約開始 実質170万円の商用EV、ミニキャブ・ミーブを12月発売…4月より予約開始 実質170万円の商用EV、ミニキャブ・ミーブを12月発売…4月より予約開始 実質170万円の商用EV、ミニキャブ・ミーブを12月発売…4月より予約開始 実質170万円の商用EV、ミニキャブ・ミーブを12月発売…4月より予約開始 実質170万円の商用EV、ミニキャブ・ミーブを12月発売…4月より予約開始